遺言に基づく遺贈の登記を遺言執行者単独で行ったケース(中野区のお客様) | 中野 不動産相続 相談センター

遺言に基づく遺贈の登記を遺言執行者単独で行ったケース(中野区のお客様)

状況

遺言によって遺贈を受けた方から、名義変更(登記手続)のご依頼を受けました。お話をうかがうと、遺言は公正証書が手元にあるものの、登記済権利証については、遺言者から話を聞いておらず保管もしていないとのことでした。

 

ご提案・お手伝い

遺言公正証書にて、受贈者自身が遺言執行者が選任されていたため、お一人で手続きを進められる旨をお伝えしご安心いただきました。登記済権利証は再発行はできませんが、司法書士が面談のうえ本人確認情報を作成いたしました。

 

結果

本人確認情報によりスムーズに登記手続が進み、無事に名義変更(遺贈の登記)が完了しました。

 

関連ページはこちら >>>

● 相続不動産の名義変更(相続登記)手続きサービス

 

 

 

相続以外の不動産登記の最新記事

解決事例の最新記事

遺言の最新記事

相続・遺言に関する休日無料相談会
03-3386-5430 もちろん平日も相談OK!お気軽にご相談ください。
当事務所に寄せられた相談事例
PAGETOP